<<< 糖尿病教育外来 >>>

糖尿病教育外来の特徴
患者さんは従来通りかかりつけ医に通院し、処方や検査などはかかりつけ医で継続します。
専門医では処方・血液検査は原則なしです。
専門医では管理栄養士による栄養指導と糖尿病療養指導士(看護師)が患者教育します。
数回の療養指導終了後、治療はかかりつけ医で継続します
専門医からかかりつけ医へレポートを送付します。
 



糖尿病教育外来


専門医からのレポート内容 
栄養指導報告書
看護指導報告(パス指導記録)
今後の治療方針に関するアドバイス
処方+検査に関するアドバイス



糖尿病教育外来の流れ



看護指導



専門医での患者負担額
初診時(初診料+栄養指導料) 
542点
1割負担 540円  3割負担 1630円

2回目以降(栄養指導料)     
200点
1割負担 200円  3割負担  600円